中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入ビジネス攻略チャート

中国輸入初心者が最初に覚えるべきこと

この項目では中国輸入ビジネスに関する概念をまとめています。

 
中国輸入に限らず輸入ビジネスを
始める前にチェックしてみてください。

 
中国輸入は2005年頃からある
ビジネスでタオバオから
Amazonやヤフオクに転売するだけの手法は
今はもう古くなっています。

今後新しい販売チャネルが現れても
基本をしっかりと押さえておけば怖いものなしです。

単なる転売ビジネスとしての
中国輸入はすでに飽和しています。
今からでも利益を
出すために重要な方法、
OEMについて詳しく解説しています。

 

こちらも同じくOEMについて
まとめていますが
より初心者向けにまず
OEMに至るまでに何をするべきかを
まとめています。

 

毎年毎年中国輸入は
少しずつ形を変えています。
この記事では2016年版の中国輸入をまとめました。

 

中国輸入の情報源

中国輸入のブログを参考に
計画を立てている人には
まず一読していただきたい記事です。

数多く開かれている
中国輸入セミナーについて
基本的に受ける必要はないと
僕は思っていますが
受ける際に何に着目して
受けるべきかまとめました。

 

セミナーと同様中国輸入塾も
本来入る必要はないと思っています。

中国輸入のノウハウはこのサイトに
書いていることで
ほぼ網羅されているからです。
受けるべきなのは自分では
スケジュール管理をできない人や
自信のない人などでです。

やり方がわかっていても
成功できない人は
実は多くメンターを見つけることは
重要だと思います。

 

中国輸入コンサル
についてまとめました。
元々取る気はなかったのですが
1回だけ募集をかけコンサルを行ったことがあります。

今はコンサルはやらずに
ブログに9割方情報を載せています。

残りの1割の部分が
本当に重要な部分という
見方もあるかもしれませんが(実際そうかもしれません)
ブログだけでも得るものは多いはずです。

中国輸入に関してのブログを書いている人をまとめてみました。
直接面識がある人はいませんが
読んで少しでも参考になったブログのみ紹介しています。

 

中国輸入リサーチの方法

中国輸入の基本
リサーチの方法について
紹介しています。

以下の内容が重要になってくるので
それぞれの項目に目を向けるようにしてみてください。

  1. 価格差
  2. 月間販売数
  3. ライバル数

 

中国輸入に限らず
Amazonを使った販売で重要なのは
“検索キーワード”です。

ぜひニーズを捉える感覚を身につけてください。
 

画像検索の方法をまとめています。
今はあまり使えない方法ですが
初心者のうちは
これで中国輸入で
どんなものが扱われているか
抑えることが成功への近道です。
 

Amazonで月間販売数を調べたい際に
使うべき方法です。
僕は今ではこの方法は
使っていませんが
当時はこれで商品仕入数を
決定していました。

今はランキングで仕入数を判断しています。

 

中国輸入の仕入先

・タオバオ仕入れ(後日更新)

タオバオ仕入れだけではいずれ
限界を迎えてしまいます。
それを打破するためには
仕入れ先を変えるよりも
ライバルに真似されない工夫をしていく必要があります。

 

中国輸入ツールについて

中国輸入に必要なのは
画像検索系でなく
売上判別系のツールです。

その理由や具体的なおすすめツールなどを紹介しています。

中国輸入ツールで一番有名な
中国輸入せどらーを使った
感想をまとめています。

個人的には超初心者にしか
使えない代物だと思います。

少なくとも今から買う理由はないです。

 

ツールにだけ頼ると
痛い目に遭います。

必ずツールで出来ること、
出来ないことを
理解した上で使う
ツールを選びましょう。

やり方は人によって違うので
自分に合った
ツールも違うはずです。

 

今後一番重要になるであろう
売れ筋を元に仕入れる数を
判断する方法です。
僕は現在はこの原理を利用した
ツールを使用しています。

 
中国輸入ツールのおすすめ(後日更新)

 

中国輸入の物流について

当サイト内では特定の代行会社は紹介していません。
紹介して混むと嫌だからです。

メルマガ内では一応紹介していますが
必ずしもそこを使う必要はなくて
いい代行会社の選び方や自分で物流を構築する方法をまとめています。

こちらの記事では
中国輸入の代行業者の選び方を
まとめています。

中国輸入代行業者の
多くがEMSの50%割引を
提示していますが
その価格には実は根拠はありません。

最初に始めた代行業者がそのような
表記をしたため他の代行業者も合わせているのです。

だからこそ50%引きという
表記に釣られずちゃんと
価格で比べましょう。

優先順位は

  1. 細かい対応
  2. 価格
  3. スピード
  4. だと思います。

    価格、スピードは
    コモディティ化していて
    どこもあまり変わらないので
    細かい要望に応じてくれるかどうか、という
    所が今重要になってきています。

    例えば検品を
    どこまでしてくれるか、
    OEM先を紹介してくれるか、など。

 

中国輸入OEMの方法

OEMの全体図について
まとめています。

中国輸入はOEMをやれば
稼げる、という
風潮がありますが
それほど簡単ではありません。

商品を作るのは簡単ですが
売れる商品を作るのが大変です。
この記事を読んで中国輸入の
商品開発についての考え方を
学んでください。

 

特定の工場についても当サイトでは
紹介はしていません。

ジャンルによって
使うべき工場は全然違うのと
自分が使っているところを紹介して
生産が遅れても困るからです。

自分が使っていないところを
紹介するということも
気が進まないので
工場の選び方自体について
まとめています。

公開日:
最終更新日:2016/03/30