中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

Amazonでアカウント停止・警告対策に確認すべき3つのこと

      2016/02/12

Amazonアカウントは閉鎖されたら終わり?

まずは何より閉鎖原因を特定する事が
大切です。

ほとんどの場合アカウント閉鎖の前に
Amazonからメールが来ています。

まず誤解を恐れず言うと
アカウントは重大な違反を犯している場合は
復活は難しいので
別名義でアカウントを作成した方が早いです。

この時同じIPから登録したり
同じ口座、同じクレジットカードを使うと
連鎖凍結する恐れがあるので注意してください。

しかし軽度な違反の場合は
返信する内容によっては
アカウントが復活する可能性は大いにあります。

軽度な違反とは
返品率が多い、キャンセル率が多い、
商品ページに異なる商品を出品してしまった、などです。

正規代理店がいる商品
間違えて並行輸入品の商品を
被せたぐらいではそうそうアカウント停止にはなりません。

もちろん発覚した場合は
その出品については取り下げなければいけませんし
購入した人にも本来は返金すべきです。

僕自身20個ほど中国輸入で同じだと思って
被せた商品を30個程売ってから
写真と違う商品だとお客さんから
クレームが入りました。

中国から日本に直送して
商品を確認していなかった為起こった問題です。

同じ出品ページに登録していた
出品者にはメール平謝りして
Amazonにも平謝りしたら
許してもらえました。

その時したお客さんへの対応は希望者のみ
全額返金です。

間違ってSonyの偽物を
偽物だとは思わず売ってしまったこともありました。

お客さんには返金、
Amazonからは強制的に商品ページが削除されました。

しかしアカウント停止には至りませんでした。

Amazonから来る警告メールに
対していつも真摯に謝っていたからだと思います。

それより複数アカウントを持とうとして
停止される人の方が周りでは多いですね。

もちろん僕のような失敗もあと2、3回繰り返していたら
アカウント停止に追い込まれていたと思います。

アカウント停止防止策

対策としては

  1. 権利関係をしっかり確認する
  2. 仕入れの時点で商品ページと同じ商品化確認する
  3. アカウントは特別な許可がない限り一つで

ということが大切です。

真面目にビジネスをしている限り
サスペンドすることはないので
複数アカウントを持ったり
グレーな商品を売るような抜け道を選ぶよりは
真っ当に販売していくことを心がけましょう。

 - ノウハウ