中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

Amazonの相乗り出品防止法

   

相乗り出品

Amazonで新規ページを作成し
商品販売を独占していたのに
商品が売れてきたらライバルが相乗り出品をしてきて
価格競争になってしまい稼げなくなった、
これはAmazonで商品を販売したことがある人なら一度は経験しているはずです。

しかしその対策法は存在します。

実際に僕は特定の商品を
ライバルに邪魔されず売り続けています。

正確には同じ商品ではなくとも
似ている商品も存在するので
ライバルと競い合っているように思えますが
それもクリアしています。

このブログでも何度かキーワードとして
登場させていますが鍵は「ブランド化」です。

まず最初に認識していただきたいのは
小手先のテクニックで相乗り出品しようと思っても無理ということです。

タグを変えようが、ラベルを変えようが
パッケージを変えようが暫定的な対策でしかありません。

絶対誰にも同じ商品ページに
被せられたくないのであれば
ブランド化する以外に選択肢はありません。

YAMAHAというブランドが存在するのに
あなたが勝手に商品にYAMAHAという商品名をつけて
売れないのと一緒です。

物販では安定的に稼ぎ続ける=ブランドを育てる事
だと僕は思っています。

0から完全に商品を
プロデュースして世に送り出せれば
それはもうあなたのブランドですが
なかなかできないと思います。

また中国輸入からも少し離れてしまいます。

中国輸入は単純かつ明快であってこそ
中国輸入だと思っています。

既存の商品をブランド化
→Amazonで一つの商品ページを独占する
→楽天とネットショップでも出す

というのが僕が今まで取ってきた物販の道筋です。

最初の段階になりますが
他の誰でも同じようにタオバオで買える商品を
自分だけがAmazonの特定の商品ページで扱える、というのは
達成した時の喜び大きいと思います。

もちろん特定の商品ページを上位表示させるための
施策も持ち合わせているのでそのうち別記事でまとめたいと思います。

何はともあれルールの中で戦ってこそ
初めて結果が出せるのでまずAmazonの
規約によく目を通しましょう。

キーとなっているのは次の文です。

商品カタログは「1商品につき1カタログのみ」作成が可能です。

同一商品のカタログが複数存在いたしますと、
カタログ担当部署にて統合されることになります。

また、実際に各出品者が販売している商品の内容についての確認は、
アマゾン側では介入しません。

この場合の”1商品”とは何でしょう?

仕入れ場所が違えば違う商品でしょうか?

アマゾンでは出品者の商品の仕入れ場所を判別することはできないため
商品ページと異なる商品だと思われる場合は別カタログを作成して出品してください。

一つ目については曖昧な回答です、しかし仕入れ場所が異なる
小売業者、卸業者だとしても生産工場は同じ可能性が高いですし
生産時期によって微妙に違いのある商品の可能性もありますし
相乗りされても相手の商品が厳密に仕入れ場所が異なる、と断定できません。

ではパッケージが異なれば違う商品でしょうか?

出品者独自の梱包方法は、商品を同一化する情報としてみなされません。

梱包では差別化できないと公式では言っています。

しかし実際パッケージを変えて
そのパッケージに商標を取得したブランドロゴを印字して
写真も自分で撮った商品ページで
相乗りされているページを僕は見たことがありません。

商標が登録され、その商標が、“恒久的な方法“ で商品そのものに印字されている、
などが商標効力を発揮するための条件となります。

恒久的な方法ということはテープなどではダメということですね。
しかしモノ自体にブランド名やロゴが一切印字されていない商品なんて山ほどあります。

では一体どうすればいいでしょう?

中国輸入ビジネスを始めた頃はここまで言って
しばらく悩んでいました。

そして膨大な時間を思考に費やしその末に一つの仮説を立て
Amazonのサポートに確認を取ったところ
それが他の出品者が相乗りできない方法だということが分かりました。

しかし安物の商品にはこの方法は使えません。
というより使っても利益がたいして出ません。

あくまで”ブランド化”が軸にあるので
一手間加えて他の人が980円とかデフレ価格売っているものを
最低倍以上の価格で販売します。

それだけブランドとノーブランドの差は大きいです。

※この方法については中国輸入マニュアルに記載しています。

一般的には途中に書いたパッケージを変えて
そのパッケージに商標を取得したブランドロゴを印字して
写真も自分で撮り新規出品するという
方法だけでも9割方まねされないのでその方法で十分だと思います。

 - ノウハウ