中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入で稼ぐ方法を検証してみた

      2015/03/30

中国輸入で稼ぐ方法は
いろいろなブログで語られています。

基本的には中国は品物が安いです。
それを日本で高く売ればいい、という
理屈に基づいて解説している人が多いですが
それは間違っています。

安く買える→他の人も安く買えます
高く売る→ノーブランド品を高く売ることは出来ません

中国輸入のメリットは安く仕入れられるところではありません。
安いものは安いなりのクオリティです、
当然レビューにも辛辣な評価が並びやすいです。

出品者の評価も下がります。

僕は中国輸入商品に一手間加えることによって
他の出品者と差別化して商品を売っています。

写真も別で撮っていますし
梱包も工夫しています。

またそれらを自分で行っているのではなく
外注さんに任せています。

しかしそれ位のことは利益を出している
セラーであれば当たり前のようにやっています。

僕はさらに一歩進んで中国輸入を実践しています。

本当に稼ぎたいと思っている人は
同じやり方を推奨します。

そのやり方とは「ブランド化」です。

中国輸入とブランド

ノーブランド商品ではリピーターがつかないので
中国輸入商品に特定のブランド名をつけて売っています。

現代人が初めて聞くブランド名に出会った時の
行動を想像してみてください。

多くの方があることをしているはずです。

それが”検索”です。

人は自分が欲しいと思った商品に対し
ブランド名などを知らない時
他の人の意見や情報を探します。

そこでブランド用のWebサイトを立ち上げ
そのキーワードで検索されたら
一番上に表示されるようにしています。

一見難しそうですが
そもそも他と被るブランド名は最初からチョイスしないので
一番上に表示させるのは簡単です。

そこでどのようにして
ブランドを立ち上げたか、
ブランド名が持つ意味は何か、
そのブランドの商品にはどんなものがあるか紹介しています。

ある種ネットショップに近いです。

実際最初はブランディング用に立ち上げただけのサイトでしたが
今はそこでネットショップも行っています。

そのため今後別の記事で詳しく解説していきますが
僕の中国輸入のやり方は以下の流れになります。

  1. ノーブランドの中国輸入商品リサーチ
  2. ブランド化
  3. Webサイトを立ち上げ集客

こうして書くとシンプルですが
同じことを実践できている人は非常に少ないと思います。

世間一般の中国輸入の方法は
商品リサーチしてすでに売れている
Amazonの商品ページに被せて(集客の怠慢)
薄利で売る、というものが多いです。

もちろん薄利でよければこの方法でも
利益は出ると思いますが
僕だったら自分がこの方法で
中国輸入を行っていたらまず人にやり方教えないですね。

自分の商品を真似されたら利益が出せなくなるわけですから。

つまり逆説的にそういったやり方を推奨している人は
自分では中国輸入を行っていないコンサル屋や
塾経営者と言えるでしょう。

僕はブランドを立ち上げてやっているので
そもそもAmazonでも他の方が同じページに
出品することはできないので
ブログでやり方を教えています。

既存の商品ページがあるのに
全く同じ商品を別の新規ページに出品している
出品者が多すぎて普段ネットショッピングしている時も
迷惑なのでそういう出品者はいなくなって
ちゃんと商売をしている人だけ残ってほしいものです。

 - ノウハウ