中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入でAmazonを使うべき理由

   

中国輸入とAmazon

中国輸入の販路としてAmazonを
おすすめする理由はずばり”半自動化”です。

もちろんヤフオクでもメルカリでもネットショップでも
仕組み化すれば半自動化できますが
それらはビジネス初心者のうちはかなり骨の折れる行程です。

物販で時間のかかる部分として
受注確認と梱包・発送作業がありますが
AmazonFBAを利用すればこれらは自動化できます。

商品ページの作成、これは
アルバイトを雇わない限り難しいです。

ルールを体系化して
マニュアルとして渡せるのであれば
外注を使うという手もあります。

マニュアル

しかし商品の写真も用意するレベルまで行くと
やはり社内に人を抱えないと難しいでしょう。

仕入れ、これも明確なルールに基づいて仕入れている場合は
アルバイトや外注の方に任せることが出来ます。

また作業時間短縮の為にツールを使うという選択肢もあります。
(アルバイトの人にツールを使ってもらうとさらに仕組み化できます。)

また価格改定もAmazonが自動でやってくれるわけではないので
自分で行う必要があります。

大規模に中国輸入に取り組んでいる人は
この部分もアルバイトを雇ってこなしています。

究極決断すること以外
自分では何もしない状態を作り出すことが
経営を上手く生かせるこつだと思います。

Amazonは本来自分でやらなくてはいけないことの
多くを代行してくれます。

仕組み化して時間を作り出すことができれば
リサーチやその他のマーケティングに集中できるので
中国輸入を一人で行う場合はAmazon以外の選択肢は考えられないと思います。

もちろんその分ライバルも多いので
売り上げが上がり人を雇う余裕が生まれた時は
Amazonに依存しない戦略を取れるようにしましょう。

僕はAmazon以外に卸販売とネットショップ運営を行っています。

元々楽天もやっていたのですが
楽天のショップに卸すようになってからはやめました。

固定費も安いですし特に中国輸入を活用して
オリジナル商品を販売していて
かつ自分で集客できる人はネットショップの方がいいです。

当たり前かもしれませんがAmazonでの販売価格は
ネットショップより高くしています。

もっと卸先が増えたらネットショップもやめて
ブランディングサイトへと移行する予定です。

入りはAmazon一本だったので
着実に成功を積み重ねたい人は
Amazonから入るのをおすすめします。

 - ノウハウ