中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入のやり方を分類してみた

   

中国輸入のやり方

中国輸入の方法

中国輸入と一口にいっても
実はいろいろやり方があります。

Amazonの無在庫販売とFBA販売みたいな
つまらない話ではなくもっと大局的に見た話です。

  1. 直接貿易
  2. 関節貿易
  3. 仲介貿易
  4. 委託加工貿易
  5. 総代理店契約

大きく分けてこの5つに分類できると思います。

直接貿易

直接貿易はシンプルです。

商社や流通業者を通さずに
商品の小売業者、原材料・部品などを扱う輸出入業者が
海外の製造業者等の企業と直接取引をする形態を言います。

直接貿易は商社や仲介業者へのコミッションが不要となるので、
その分自社の利益率が大きくなり価格競争力が増します。

多くの人は行っているのはこの直接貿易ですが
小売店から買っているだけではライバルに勝つことは難しいです。

関節貿易

関節貿易は商社等を経由して取引する形態をいいます。

豊富な情報や経験をもっている商社が輸出及び輸入をコントロールしています。
商品の 品質や納期などに不安が少なく、数量もまとまるので価格交渉もしやすく
問題が起きても商社のノウハウで対処が可能であり、代金決済も商社が相手であることから
安心して取引することができるでしょう。

しかし商社へ支払う手数料は,サービスが行 き届いている分高くつくので
個人的にはおすすめしません。

仲介貿易

仲介貿易は,海外の輸出者と海外の輸入者との貿易を
日本の業者(自分自身がここ)が仲介する形態です。

この場合売買契約はそれぞれ仲介業者と交わされ、
商品は直接輸出者から輸入者宛てに輸出されます。

ノーリスクでこういうビジネスを築こうとする人がいますが
ある程度企業が大きくなり幅広い人脈を持っていて
初めて成せる技なので最初はこの方法に執着しないほうがいいと思います。

委託加工貿易

海外の受託者に原材料や部品などを提供し、
加工・組立をさせてできた商品を取引することです。

欧米の企業が日本の企業に製造を委託するような場合を順委託加工貿易と呼び、
日本の企業が海外の企業に製造を委託するような場合を逆委託加工貿易と呼びます。

中国に対して繊維関係や革製品の加工で逆委託加工貿易を
行っているような場合、輸入時に関税が減税されます。

個人で中国輸入を始めてこの形態で
ビジネスを展開している人は結構多いです。

完全に0から何かを作りヒットさせるのは大変ですが
既存の商品に一手間工夫して戦略的に売っているというイメージです。

総代理店契約

総代理店とは、外国の有力な商社や販売会社に自社の代理権を与えて
販売契約の代理行為を行わせるものです。

その契約を代理店契約と言います。

営業活勤を行わせるための拠点を代理店または代理人と言います。

総代理店契約では,当事者はPrincipalとAgent(代 理人)です。

AgentはPrincipalに代わって
第三者との契約その他の法律行為および商行為を行う権限を与えられていますが、
独自の判断で取引先、納入価格等の決定を行うことはできません。

商行為の決定権はPrincipalにあります。日本に進出してくる海外ブランドはこの形式です。

マイナーな商品の総代理店契約を取って
ネットショップでそのブランドを広めていく、という方も結構います。

総代理店契約ならいいのですがただの代理店契約だと
結局ライバルが存在することになるのでそのブランドだけに
依存するのは危険と言えるでしょう。

 - ノウハウ