中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

AmazonFBAシミュレーターの徹底活用法

   

AmazonFBAシミュレーターで利益計算

AmazonFBAシミュレーターの
存在自体は知っていても徹底活用できていない人は多いと思います。

今の時代様々なツールやサイトを通して
データを取ることが容易になりました。

しかしデータは取るだけなら小学生でも出来ます。

大切なのはそれを「活かす」ことです。

FBA料金シミュレーター_-_Amazon_セラーセントラル

ASINコードまたは
JANコードがあれば上図のように
あとは販売価格を入れるだけで
手数料を引いた額が計算されます。

僕は中国輸入の商品に関して
リサーチをかける時は
商品リサーチのツールを
使っているのですが
これを活用しても利益はわかりません。

あくまでデータを取ってくるだけです。

中国輸入の場合
仕入れ元の商品を見つける為には
どうしても手動で探さないといけない部分があるので
ここだけはパートの人に任せています。

そうして集めたデータを
Excelで計算式に入れたところで
正確な利益は決して出ません。

Amazonの手数料は
料金体系が複雑だからです。

しかしAmazonは
AmazonFBAシミュレーターを用意してくれているので
それを用いて計算結果を入力すれば
実は正確な利益を見積もることができます。

利益=AmazonFBAの出力結果-仕入れ価格

です。

この場合の仕入れ価格とは
商品価格、送料、関税、
ラベル貼りの手数料など全部含めた価格です。

リサーチツールには
どんなツールを用いてもいいと思いますが
利益計算にはまた別のツールが必要です。

多くの人はそれをExcelで行っていると思います。

個人的に重要だと思うのはFBAセラー数、
FBAセラーの増加率に基づく仕入れ個数です。

あくまで僕のルールでしかありませんが
増加率の増加率、つまり二階微分の値が
正になるときは仕入れ判断として一旦ストップをかけています。

FBAセラーごとの在庫数なども取っていて
それが月間予測販売個数に対して多すぎる場合も
仕入れはストップのサインです。

こういう細かいルールは
全てExcelで計算式にすれば
ツールや外注先が取ってきてくれた
データを入力するだけでも仕入れ判断が可能になります。

データは活用して初めて価値があります。

 - ノウハウ