中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

Amazon新規出品者の商品が売れない理由と対策

   

Amazonの新規出品者は商品が売れない

商品が売れない理由は4つあります。

  1. 自社出品している
  2. ライバルが強い商品ページに出している
  3. ライバルの在庫数を見ていない
  4. 集客を考えずに新規出品している

Amazonの自社発送

メインカート獲得のためにはFBA出品の方が
優遇されるのはもはや常識ですが
そもそもお客さん目線に立った場合を考えてください。

新規出品者ということは
会社を創業したばかりの人と同じです。
信用がない状態です。

FBA出品していれば
発送はAmazonが行いますし
返品規定もAmazonのものが採用されるので
お客さんはAmazonが在庫を
抱えている商品と同じ気持ちで商品を
購入することができます。

実際Aamzon以外から商品を
買って返品・返金するときの
やりとりはかなり面倒です。

1円でも安い方がいいので
自社発送でも気にしないという方もいますが
AmazonFBA出品者からでないと買わないという
人もいます。

僕も普段買い物をするときは
AmazonかAmazonFBA出品者からしか買いません。

ライバルの強い商品ページ

新規で販売していくには
いきなり新規出品は難しいです。

Amazonにカタログのないブランド商品を
売る場合などは話が別ですが
少なくとも評価が10位つくまでは
相乗り出品をしていく必要があります。

その際にライバルFBAセラーが10人いて
全員評価100以上で自分だけ
新規出品だとまず勝ち目がありません。

お客さん目線で考えてください。

すでに評価というと一定の信頼性があるセラー
新規出品のセラー、値段が同じだとして
どちらから買うでしょうか?

ましてや価格が同じなら
Amazonのシステム上
相手がメインカートを獲得しているでしょう。

あなたから買う理由は万に一つもありません。

特別なおまけをつけた場合は例外となりますが
その効果は低いのでそもそも
競合するセラーが多いページに出品するのはやめましょう。

ライバルの在庫数

ライバルがいても一時的に
誰も在庫を持っていない状況も生まれます。

これは手動でチェックするのは大変なので
そのようなツールを使用していくことを推奨しますが
つまりは現時点のライバル数で
利益が出るかどうか判断するのではなく
横の変化を見ていく必要があるということです。

Amazon新規出品とSEO

この記事では簡易的にまとめますが
Amazon内SEOを意識して
新規出品を行わないと
新規出品者の新規出品したページに
人が訪れることはありません。

またスポンサープロダクトも
積極的に活用する必要があります。

Amazon内SEOで重要なのは
インプレッション(検索に引っかかる回数)を
増やすのではなく
コンバージョン(成約率)
高めることです。

100人あなたのページを訪れて1人買うのと
10000人訪れて1人買うのでは
前者のページの方が育ちます。

エルメスの財布を売るとして
出品キーワードに”ヴィトン”というワードを
入れたとすると
検索結果の商品写真などを
見てあなたの出品ページを
訪れる人は確かに増えるでしょう。

しかしエルメスの財布を探す人は
その時点でエルメスを求めているのです。

ちなみに”ブランド 財布”で検索している人は
まだニーズが定まっていないので
ヴィトンの財布のページに誘導すれば
購入してくれる可能性はあるでしょう。

もちろんエルメスの財布を探している人が
気が変わってヴィトンの財布を購入することもあると
反論する人もいると思いますが
確率の問題です。

成約率としては下がるのは目に見えています。

例えば渋谷109はレディースのショップです。
1日だけメンズの服を置いたら
彼女と一緒に来た男性が買うかもしれません。

彼氏へのプレゼントとして
女性が商品を買うかもしれません。

しかし確率は低いでしょう。

集客は量ではありません、
ピンポイントにターゲットを狙っていく必要があります。
webのコンバージョンの基準になる1%をやはり
基準にしたいところです。

Amazon新規出品者が売れない理由と対策まとめ

Amazon新規出品者は確かに
すでに評価を獲得しているセラーより
商品を売るのが大変です。

ただ誰でも最初は新規セラーから始まりますし
僕自身クライアントにアドバイスして
最近1年で0から300評価ほど獲得したケースもあります。

逆転の発想で考えてください、
これだけ皆が新規販売で苦労しているということは
一度安定させたら美味しいと。

新規出品の中でも特にこのブログで扱っているように
中国で作った新規ブランドを販売するような場合
オリジナルのPRページを作ったり
ブランドを育てるために情報発信したり
やることはまだまだいっぱいあります。

ぜひ勉強してみてください。

 - ノウハウ