中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入のリサーチ(画像検索法)

      2016/02/12

中国輸入画像検索

中国輸入の商品リサーチ方法として
おすすめできるものは3つあります。

  1. キーワード法
  2. 画像検索法
  3. 直接検索法

キーワード法はすでに解説してあるので
今回の記事では画像検索法について解説します。

中国輸入で扱われる商品は
画像に特徴があるものが多いのは
キーワード法の時にも説明しました。

タオバオやアリババに
出品されている商品画像を
そのままAmazonに出品している人が多いため
今回の方法を用いることができます。

Amazonやヤフーオークションの
商品登録画面に用いられている商品は
タオバオやアリババの商品を
そのまま使っている場合があります。

そこで画像検索を使い
一致する写真を見つけることで
仕入れ元を特定する、という流れになります。

中国にはGoogleが存在しないので
タオバオやアリババの
写真が検索に引っかかる
香港のGoogle画像検索を使うのが基本になります。

google香港画像検索

Google(香港)画像検索

結論から書くと
Amazonに出品されている商品で
中国から仕入れられているであろう商品をダウンロードし
類似画像を発見できる画像検索を使う、という流れです。

しかしタオバオやアリババの写真を
そのまま用いている人は初心者が多いです。

そのため中国輸入で扱われている
商品を見つけることは出来ても
利益が出る商品を見つけることは難しいです。

ちなみにGoogleは中国政府による厳しいネット検閲に加え,
同社の無料メールサービス「gメール」が中国国内からと見られるハッカー攻撃を
受けたことなどを理由に中国から撤退しています。

そのためタオバオの商品画像が見つかる
香港のGoogleを使っています。

他の画像検索用のサイトもあるので
以下にまとめておきます。

Baidu画像検索

sogou画像検索

taotaosou画像検索

※サービスが一時的に休止していたり
停止している可能性があります。

とっかかりとしての画像検索はキーワード法を使い
そこから実際に商品を見つける時に
画像検索法を使うのがいいと思います。

上級セラーは写真を自分たちで撮って
変えているので画像検索法では
彼らが扱っている商品を見つけることはできません。

初心者がいきなり上級者のまねをしても
うまくいきませんので
中級者までの人がどのような商品を
扱っているかを理解する上で活用してください。

昔は画像をそのまま使う人が多かったため
有効だった方法と言えます。

今ではキーワード法で当たりをつけて
在庫チェック法で実際に商品が売れた数を
特定する方法が一番効果が高いと思います。

 - ノウハウ