中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入のリサーチ(キーワード法)

      2015/05/05

虫眼鏡

中国輸入の商品リサーチを行うにはまず
中国輸入の商品を特定する必要があります。

そのためにはいくつかコツがあるのですがそのうちの一つの方法を公開します。

まず僕は販売は基本的に
Amazonで行っているので
紹介するのはAmazonを使って中国輸入の商品を
見つける方法になります。

1.まずAmazonの検索バーに「ノーブランド 中国」と入れて検索してください。

Amazonキャプチャー

Amazonでは出品タイトルか出品キーワードに
それらの用語があると検索結果に表示される仕組みになっています。

中国の商品はノーブランドの商品が多く
自分で商標権を取得してブランド化している人もいますが
(僕もそのやり方です)
まずはそのまま出品して本当に
利益が出るか確かめたいという方が多いので
出品時ブランド名に”ノーブランド”と記載する人が多いです。

そのため検索に”ノーブランド”という
キーワードを用いるとまずノーブランドの商品が見つかります。

また”ノーブランド”だけではどこの国の商品か
わからず仕入れを行うことができないので
“ノーブランド 中国”と入れます。

これは出品キーワードに”中国”というキーワードを
入れている人が多いためです。

そのため出品キーワードに”中国”という
用語を入れず今回は話しませんが
写真加工を行っている場合
仕入れ先を中国と判断するのが難しくなります。

今は他の出品者に真似されないように
防御策としてなんとなく覚えておいてください。

2.検索ページを一つ一つ確認。

この時チェックするのは写真です。

中国輸入っぽい写真を見つけます。

まずトップの写真に背景が白でない
画像を用いているのは中国輸入セラーの可能性が高いです。

Amazonは出品規約でトップ画には白色背景の
写真を用いるよう言っています。

ある程度大きな企業であればみな遵守していますが
中小企業や個人の方では守っていないことが多いです。

現状特にAmazonからのお咎めはないようですが
あなたが出品するときは白背景の写真をおすすめします。

一部のセラーがルールを守っていないことを
逆手にとって商品リサーチに利用します。

中国輸入に慣れてくると分かるのですが
以下の商品は明らかに中国仕入れの商品です。
(”ノーブランド 中国”で調べている時点で
ほぼまちがいなく中国仕入れです、念のため)

Amazonキャプチャ2

“ノーブランド 中国”で検索して
左上から数えて16番目に出てきた商品です。
(2015年3月30日時点)

検索結果は毎日変わるので順位は参考程度にお願いします。

ブランドの所に注目してください、ノーブランドとなっています。

仕入れに使う中国サイトタオバオで
商品を検索するためにキーワードを中国語に変換します。

上記の商品の場合”ホイールロック”です。

エキサイト翻訳キャプチャ

翻訳して出てきたワード”轮锁”をタオバオの検索バーに入れ検索します。

出てきた結果を見ると左から3番目がどうやら同じ商品です。

似た商品が多いので仕入れの際は注意してください。

安物を買うと稀に写真と違うものが届くこともありますが
その場合はどうやってクレームを入れようか、返品してもらおうかと
考えるより勉強代として諦めた方が経験上いい方向に進みます。

※中国輸入ではそのようなトラブルが起きやすいので
現地で自分の目で見たりパートナーに選んでもらった場合を除いて
基本的に代行会社を使います。

タオバオキャプチャ

タオバオの価格はあくまで商品原価なので
日本円に直しただけではいくら利益が出るかわかりません。

また商品リサーチは数をこなさないといけないので
一つ一つ詳細に検索していては気力が持ちません。

そのため簡易的な計算方式を用いるのをおすすめします。

実際は粗利=日本のAmazonの販売価格ー
商品の仕入れ原価(中国の商品代金+送料+関税+保険代)ですが
日本のAmazonの販売価格-中国の商品代金×1.6で計算します。

またAmazonでは販売手数料を15%ほど取られるので
純利益を求めたい場合は
日本のAmazonの販売価格×0.85-中国の商品代金×1.6で
計算するといいでしょう。

先ほどの商品は日本で3350円、中国で56元で販売されているので

3350×0.85-56×19(円/人民元)×1.6 ≒ 1415(円)

です。

純利益率=純利益÷販売額×100

    →1415÷3350×100 ≒ 42(%)

なのでかなり利益率の高い商品ですね。

問題はこの商品がどれだけ売れるかなのですが
それを判別する方法もいくつかありまして
別の記事に書きたいと思います。

中国輸入の商品を見つけ出し
利益が出るかどうか判別するまでは
今回の記事のやり方を使えば
確実にいけるはずです。

ちなみに僕は
今回紹介した商品リサーチ方法を含めて
3つのリサーチ方法を使っています。

またその商品が売れているかどうか
判別する方法も3つ持っています。

一つ一つ全て解説していきますので応援よろしくお願いします。

 - ノウハウ