中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入の売れ筋商品を調べるには◯◯を使う?

      2016/02/04

中国輸入で売れ筋を調べる方法

売れ筋

中国輸入で売れ筋を調べる前に
販路を決めなければいけません。

Amazon,ヤフオク,Q100,
メルカリなど色々ありますが
ここではAmazonでの売れ筋を調べます。

Amazonではベストセラー
ランキングというものを
公開しています。

カテゴリごとに100位までは売れ筋を
調べることができます。

Amazonが公開しているAPIでは
ランキングを直接キーにして
商品情報を取り出すことは
出来ないので
DIY・工具の1000位までの
商品情報をすべて取り出す、
ようなことはできません。

DIY・工具のカテゴリごと
情報を抽出して取り出した情報を
ランキングでソートする
ことしか出来ないということです。

しかしこの方法でも
ランキング自体は分かります。

またモノレート(旧:Amashow)や
多くのChromeのプラグインなどでは
ランキングの変化を
調べることが出来るので
そのデータを参考にすることも出来ます。

大切なのはここからです、
ランキングが分かったとして
それが売れ筋商品である、と言える
理由はなんでしょうか?

ランキングが急上昇したら
売れ筋商品?

もしそう定義したらずっと
1位にいる商品は
売れ筋ではないことになります。

日本のAmazonと海外のAmazonでは
異なりますが日本のAmazonの場合
ベストセラーランキングで1000位以内であれば
売れ筋商品ということができます。

1001位以下が売れないわけではありません。

10000位くらいまでは
どんなジャンルでも最低
月に1個は売れているでしょう。

僕が自分なりに売れ筋と
定義しているのは
月に全出品者合わせて
30個売れる商品です。

ベストセラーランキングで
1000位と書きましたが
カテゴリごとに大きさが異なります。
例えばおもちゃ>ジュエリーです。

おもちゃの1000位の方が
ジュエリーの1000位より
売れているということです。

他にも売れ筋を調べる方法があります。
それがBestseller Todayというサイトを使う方法です。

bestsellertoday
このサイトではAmazonのベストセラーランキングなどを
条件別に並び替えて表示してくれます。

以下の3つのカテゴリに注目しましょう。

  1. ヒットイン24h
  2. 欲しいものリスト
  3. Most Gifted

ヒットイン24h

過去24時間で最も
売上が伸びた商品群です。

短時間の伸び率を見る分類なので、
本記事でも説明したように
元々上位の商品は入りません。

欲しいものリスト

Amazon.co.jpの機能に、ユーザーが
「後で買おう、あるいは誰かに
買って欲しい」と
思った時にその商品を登録する
欲しいものリストという機能があり、
そこに登録された商品が一覧になっています。

世間の需要を反映しているので
中国輸入のOEMのヒントにもなると思います。

Most Gifted

贈答品として一番送られている
商品を表示してくれます。

欲しいものリストだと
ニーズを調べることは出来ますが
高額な商品など憧れだけど
手が届かないものを
リストに入れている可能性もあるので
慎重派の方には実際に購入されている
こちらのデータを基にした方が
いいかもしれません。

中国輸入の売れ筋商品の調べ方のまとめ

いくつか方法を紹介しましたが
もっと厳密な方法として
別記事で紹介している
在庫を調べる方法もあります。

とにかく価格差など調べる前に
まず需要がある商品、
売れている商品を
調べることが重要です。

売れていない商品の価格差など無意味です。

またAmazonのランキングは独特で
直近で売れたもののランキングは
大きく上昇するようになっているので
必ず前後の変化も確認するようにしましょう。

 - ノウハウ