中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入が飽和しても稼ぎ続けるために必要な3つのこと

   

中国輸入の飽和

中国輸入は飽和した?

“中国輸入 飽和”という キーワードで検索する人が多いように
中国輸入は一見飽和したように見えるビジネスです。

しかしどんなネットビジネスでも
プレイヤーが増えると飽和したと言われます。

歯医者は飽和した、
弁護士は飽和したというニュースを以前見かけましたが
歯医者をしている人も弁護士をしている人も山ほどいます。

稼いでいる人も山ほどいます。
同様に中国輸入で稼ぎ続けている人も山ほどいます。

中国のタオバオで商品を買い
そのまま転売して日本のAmazonや
ヤフオクで売るビジネスが飽和しただけです。

中国輸入ビジネスの参入者が多くない頃は
確かにそんな単純な方法でも利益を出すことはできました。

今は単純なやり方では
勝ち残れないというだけです。

今求められるものは以下の3つです。

  • ツールや外注パートナーを使った合理化
  • OEM・オリジナル商品の生産
  • 販路の工夫と集客力の強化

ツールや外注パートナーを使った合理化

一人でやっている人は
時間的制約で集団でやっている人に
勝つのは難しいです。

コンピュータに出来ることは
コンピュータに、
外注パートナーに任せることが出来ることは
外注パートナーに任せましょう。

僕はリサーチと価格改定をツールに
発送梱包業務を代行業者に
ネットショップの管理を外注パートナーに
任せています。

おかげで会社自体は少ない人数で回し
大きな売り上げを上げることが出来ています。

OEM・オリジナル商品の生産

ライバルとの差別化のために
これからの中国輸入ビジネスでは
間違いなく必要です。

アパレルのOEMが中心になると思いますが
アクセサリーのOEMで稼いでいる人もいます。

販路の工夫と集客力の強化

以前はヤフオクやAmazonでだけ
販売していればいい時代でしたが
本当に稼いでいる人たちは
自社サイトで販売するようになってきました。

自社サイトの販売を
始めると今までショップモール自体の
集客力に助けられていたことが分かるでしょう。

集客に対しても戦略を持たなければ
人を集めることは出来ません。

僕は集客の要はブランディングであると
多くの法人企業に対し
コンサルティングを行い
具体的にWebでブランドを育てる方法を教えています。

メルマガでも基礎的な集客テクニックは
全て教えていますので参考にしてください。

 - マーケティング