中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

ネットショップ運営とメルマガの重要性

      2015/05/19

ネットショップとメルマガ

ネットショップを運営をしたことがある人ならば
誰でもわかるのがリピーターの重要性です。

新規顧客の獲得よりも前に
リピーターが離れにくい環境を作らなければ
穴の空いたバケツに水を汲んでいるようなものです。

メルマガを送る効果は
一般的には宣伝のためだと思われています。

新商品が出ました、
セール開催中です、
クーポン期間限定発行です、などなど。

しかしこれらのメルマガばかり
送っている方はメルマガというものをよくわかっていません。

メルマガは単なる宣伝のために使うツールではありません。

もちろん究極は商売の為です。
より多くのお客さんに商品を買ってもらいたい、
というのが事業者側の心情でしょう。

しかし宣伝すればするほど
お客さんの心は離れていきます。

なぜ?と疑問を口にするまでもないでしょう。

自分がお客さんの立場になって
考えてみてください。

久しぶりにメールボックスを開けたら
店からの宣伝メールでボックスが埋まっている。

このような事態を引き起こせば
迷惑メールボックスにでも送りたくなるはずです。

本来メルマガは
マーケティングの一種として活用するべきなのです。

集客→教育→販売という
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)に習い
仕組みづくりをすれば
自社の商品はもっと売れるようになります。

一度商品を買ってくれた人を
対象に宣伝のメルマガだけを送る行為は
DRMでいう教育の過程を完全に無視していることになり
売り上げを伸ばすことには繋がりません。

ネットショップでいう教育とは
見込み顧客や既存の顧客に「気づき」を
与えていくことです。

例えばシルバーアクセサリーを
販売しているショップであれば
シルバーの手入れの方法、
ステンレスアクセサリーとの違い、
服との合わせ方などお客さんの役に立つ情報を
いろいろ提供することができます。

これらは全て無料で与える必要があります。

メルマガによるDRMは単純接触効果
返報性の原理という二つの
心理効果に基づいた合理的な
マーケティング手法です。

僕はネットショップをはじめとして
運営しているサイトが10個ほどありますが
そのほとんどでメルマガを使っています。

宣伝は多くても2週間に1回
通常は月1回にとどめています。

後は全て読者の方に役立つ情報を送っています。

せっかく書いた記事なので
普遍的に使える内容であれば
若干内容をリライトして
サイトにも投稿しています。

これは集客の効果を高めるためです。

サイトでSEOなどで集客して
メルマガで教育、
ネットショップなどのランディングページで販売。

ウェブでのビジネスを成功させている方は
この流れがきれいに整っています。

販売の部分にだけ力を入れている人が多いですが
ぜひ集客マーケティングやリストマーケティングについても
勉強してみてください。

 - マーケティング