中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入のOEM戦略【どんな工場を選べばいい?】

   

中国輸入とOEM

中国輸入で利益を上げ続けている人が
行っているのがOEMの活用。

まずなぜOEMをするかというと
最大のメリット「商品ページの独占」のためだと思います。

相乗り出品で値下げ合戦になるのに疲れた人が
行き着くのがOEMです。

OEM工場の見つけ方

ここで悩んでいる方が多いようですが
特にアリババ辺りで小売で出しているショップは
工場とダイレクトで繋がっていることが多いです。

そのためOEM自体は意外と簡単にできます。

海外企業とのやりとりは英語で聞くのが基本ですが
英語でのやりとりは慣れていない方はおすすめしません。

必ず齟齬が生まれます、相手も英語が得意とは限りません。

日本語か通訳の方を用意して
中国語でやりとりしましょう。

おすすめは中国語でのやりとりです、
選択肢が一番多いからです。

問題は信頼出来る工場を見極めることです。

日本とのやりとりが多く
日本人が求めるクオリティを理解している
会社がベストですが中々見つかるものではありません。

僕が一番重視しているのは
返信が早いかどうかです。

返信が早い所は
他の細かい対応もしっかりしています。

即レスは日本のビジネスの基本ですが
その商習慣を持っている会社は安心して
取引できます。

OEM依頼する際のポイント

  1. 言葉だけで伝えない
  2. OEMをする方のほとんどが
    ロゴの印字などだと思いますが
    言葉で伝えるとほぼ確実に
    イメージと違うものが仕上がります。

    そのためイラストレーターか
    フォトショップで作成したファイルを
    入稿しましょう。

  3. 得意分野を見極める
  4. 革製品は得意、布製品は得意、
    と工場ごとに得意分野は決まっています。

    そして頼めばそれ以外の分野も
    やってくれる可能性はありますが
    クオリティは低くなります。

    上手に活用している人は
    複数の工場でパーツを作って
    アセンブリしています。

  5. サンプルのオーダー
  6. サンプルは一品だとそれなりにコストが
    かかりますがそれでも
    必ずお願いしましょう。

    物販に限らずビジネスでは
    相手の実績を見て
    判断することは非常に大切です。

  7. 売れる商品をまねする
  8. OEMでは参考元があったほうがいいです、
    それはオーダー時に相手に
    サンプルとして使うためだけでなく
    完全なゼロベースのアイデアだと
    失敗しやすいのでそれを防ぐためです。

中国輸入OEMのまとめ

なんとなくでOEMをしても
絶対利益は出ません。

初心者ほどOEMをしたがりますが
以下はOEMをしない場合でも共通することです。

ぜひ以下の中国輸入の基本をおさらいした上で
挑戦してみてください。

  1. 売れる商品を見極める
  2. 商品ページへの集客
  3. 物流コストを下げる

 - マーケティング