中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入リサーチで本当に必要な3つの情報

   

中国輸入のリサーチ方法

リサーチ方法は以前から
このブログで紹介していますが
どんなリサーチ方法を
使っても最終的に必要な情報は
以下の3つになるので必要な項目改めてまとめたいと思います。

  1. 価格差
  2. 月間販売数
  3. ライバル数

価格差というよりは利益が出るかどうかですが、
これは配送方法によって変わってくるので
自分なりの計算式で算出してください。

月間販売数は

  1. モノレートなどのサイト
  2. 在庫を調べるツール
  3. ランキングからの推定

のどれかで調べる事が出来ます。

モノレートなどは
Amazonにランキングがあっても
正確なデータを取れていない事が多いので
僕は2番目の在庫数を調べる
ツールを使っています。

3番目のランキングから
調べる方法は
例えばスポーツのジャンルで
10000位であれば
月に4,5個は売れているという
情報に基づいて判断する方法です。

もちろん大きくは変わりませんが
3ヶ月もすればカテゴリ販売数は
変わるのでこれだけのデータを蓄積するのは
難しいかもしれませんが
少なくとも100,000位であれば2,3ヶ月に
1個しか売れていないといった
感覚を身につけておくのは大事です。

ライバル数はFBA出品者がいる
商品ではFBA出品者数だけを見れば大丈夫です、

FBA出品者数をチェック

現時点でのライバル数だけを見ると
商品を仕入れる頃には
出品者が増えている事があります。

こういった場合どうすればいいですか?
と質問を受ける事がありますが
人が見つけやすい商品、
被せやすい商品は
事前にライバル数は多めに
見積もっておく必要があるでしょう。

仕入れた後で利益が出なかったというのは
おかしいです、これ位のことは
仕入れる前から想定しておくべきことです。

僕は利益率3割、
月に5個以上売れている商品で
ライバル(FBA出品者)が一人か二人の商品を
狙っていました。
(今はオリジナル商品のみの販売です)

出品数50種類で利益100万円超えていましたし
いたずらに出品数を増やすことはしない方がいいです。

参考になれば幸いです。

 - マーケティング