中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入が飽和しない理由

      2015/06/02

中国輸入と飽和

中国輸入は飽和したという世論

中国輸入は飽和した、という言葉をよく聞きます。

しかし僕が中国輸入を始めた
3年前にはすでに言われていました。

そして自分自身を含め今でも
中国輸入で稼いでいる人は大勢います。

中国輸入が飽和しない理由として
市場の拡大を理由に挙げる人がいますが
それは分析が甘いです。

市場が拡大しても
参加者がそれを上回るペースで参入すれば
市場は飽和してしまうからです。

また参加者が増えなくても
大手が資金力に任せて
市場を独占しようとしてすれば
飽和してしまいます。

中国輸入が飽和しない理由は
方法の複雑化にあります。

稼げなくなった人は
安く仕入れて売る、ということしかしていません。

最近では中国の物価も上がってきましたし
売れる商品だとわかれば
ライバルが真似をするので
稼ぎ続けるのは至難の技です。

稼ぎ続けている人は
OEM、あるいは完全オリジナル
商品を販売しています。

ビジネスの鉄則として
まず「強み」を使う、ということはご存知だと思いますが
強みとは相対的な強みです。

中国輸入は仕入れが安いから
稼げると教えている人は素人です。

なぜなら皆が安く買えるのであれば
それは強みにはならないからです。

Amazonでは
人が扱えない商品を扱うか
人より安く商品を買うことでしか
差別化できません。

しかし差別化できた瞬間
それは長く続けられるビジネスとなり
飽和したと言われる市場でも
戦い続けることができます。

個人的には
飽和したと言われる市場にこそ
チャンスは眠っていると思います。

多くの人がもう稼げないから、と
新しいビジネスを探すわけですから。

円安になっても輸入で稼ぎ続けている人はいますし
円高の頃から輸出で稼いでいる人もいます。

どれも一朝一夕で身につくものではないので
一つのことを突き詰めましょう。

正しいやり方で続ける限り
中国輸入は長く続けやすいビジネスだと思います。

初心者参入者に左右されない本物の力を
身につけましょう。

 - マーケティング