中国輸入ブログでビジネスを徹底解説!

中国輸入ビジネスのノウハウをブログで公開しています。

*

中国輸入セミナーを受ける前に

      2015/05/28

中国輸入セミナー

中国輸入セミナーについて考えるべきこと

中国輸入セミナーを受ける前に
考えるべきことがあります。

それは本当にセミナーに出る必要があるのか、ということです。

中国輸入の基本の流れも分かっていないままに
セミナーに参加するのはお金の無駄です。

また僕自身様々な
中国輸入セミナーに参加した経験がありますが
8割以上本やブログで学べる内容のセミナーだったな、と感じました。
(内容の8割ではなく8割のセミナーです)

中国で仕入れて日本で売る、という流れは
上級者でも初心者でも変わりません。

そもそも商品リサーチの方法がわからないという
方はこのブログにもいくつか
リサーチ方法をまとめているので
せめて読んでから参加を決めましょう。

実は利益の出る商品がどんな商品か
分かってからが本当の勝負で
ここで上級者との差がつきます。

中国輸入トップセラーがしていること

上級者は利益が出る商品群が分かっても
そのまま扱うことはしません。

なぜならそのまま横流しするだけでは
他の人にも出来てしまうからです。

仮にライバルを出し抜いて
利益の出る商品を見つけても
商品が売れてくれば
ランキングが上昇
他のユーザーにも見つかってしまいます。

そして相乗り出品され
価格競争になる。

この繰り返しでは
到底ビジネスとは言えません。

ライバルに真似されないための
戦略かもしくは徹底的に
安く仕入れる戦略を考える必要があります。

そして通常の物販では
後者の選択肢を取ることが多いのですが
中国輸入では前者の戦略を
考えた方がうまくいきます。

中国輸入とOEM

ライバルに真似されないために
OEMのやり方を教えてくれるセミナーは多いかもしれません。

しかしこれだけでは不十分なため
OEMを行った上で商標権を取得する方法が
今ではメジャーです。

ちなみに既存の商品に
商標ネームをつけるやり方は効果がありません。

実は効果があるやり方もあるのですが
それはメルマガに書いてます。

OEMと商標と言っても
OEM先は今の時代ネットでも簡単に探せますし
商標なんかは司法書士に頼めば
数万円で申請してくれますし
わざわざセミナーで学ぶ内容でもないと思います。

その講師と特別なつながりのある
OEM先を紹介してくれる、ということでしたら
行く価値ありですが
セミナーレベルでそこまで提供している人は少ないです。

中国輸入セミナーについてのまとめ

ではセミナーなんて行く必要がないのか?
と思うかもしれませんが
セミナーに行けば当然
中国輸入の参加者が大量にいるので
情報交換の場として活用できます。

地方で中国輸入ビジネスを行っている人は特に
仲間が少ないと思います。

刺激を受ける意味でも東京や大阪、福岡など
大都市で行われている有名講師のセミナー
一度は参加してみても面白いと思います。

 - マーケティング